ゆとりとやすらぎの空間をあなたへ

銘木問屋 株式会社久保銘木

img01.jpg

img00.jpg

豊かな森林資源に恵まれた、高温・多湿の気候風土に 最も適した住まいが日本の木造住宅です。

その長い歴史から生まれた木の持つ、他に類を見ない優れた性質・形状・美しさを 追求した木材を銘木と呼んでいます。 魚に例えると、大トロといったところでしょうか。

全体的に良質の木材はわずかしか取れませんので、「希少価値」が高いです。

床の間の必要性

「床の間」の本質をご存知でしょうか?

床の間は室町時代の頃から武士の遊び心から始まったとされ、 武家屋敷の格式・威厳に発展していったと伝えられています。 (武家屋敷、庄屋という順に広がり、明治から昭和にかけて大衆化されました)

歴史ある床の間の贅沢な空間は、その人の心に「ゆとり」と「安らぎ」を与えてくれる空間なのです。 現代のゆとりのないご時世だからこそ、和室と床の間は、あえて設けたい空間ですよね。

img02.jpg img03.jpg
img04.jpg